HIFUでリフトアップ
2021年2月12日

目尻の気になるシワの治療法

カラスの足跡ともいわれる目尻のシワは、加齢とともにできやすい部位の一つです。目尻にできやすいのは、加齢や表情のクセ、肌の乾燥といったことが原因といわれています。年を取っていくと肌にハリを与える成分エラスチンやコラーゲン肌の真皮層から減っていきます。肌に弾力を持たせる大事な成分が減った状態では、自然には元に戻ることは期待できません。

逆にシワが深く刻まれていってしまいます。普段の何気ない表情のクセが繰り返されることでシワが固定されていきます。さらに、目元は皮脂の分泌量が少ない部位のため、乾燥しやすくできやすいです。目尻のシワの治療にボトックス注射があります。

ボツリヌス菌によって生成されるボツリヌストキシンという物質を使用した治療法です。ボツリヌストキシンは、筋肉が過剰に動くのを止める作用があるので、表情のクセで表情筋が動き過ぎないようにする効果があります。ボトックス注射によって、目じりの筋肉の動きを抑制しますので、新たにできるのを減らしてくれます。そのようにボトックス注射は目尻のシワの治療に効果的ですが注意点もあります。

この治療法が有効なのは主に表情ジワということです。表皮だけにできた薄い縮緬ジワであるならば、ボトックス注射より保湿ケアをして肌の乾燥を防ぐ方が有効です。また、ボトックス注射は筋肉の状態に合わせて適量を注射することで安全といわれています。信頼できる医師に相談することが大切です。

これらのことを前もって知っておくことで安心して治療を受けることができるでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です