HIFUでリフトアップ
2021年3月3日

たるみ治療の種類とそれぞれの特徴

たるみは肌の劣化によっておこる一症状で、とくに下まぶたや頬などが目立ちやすい部位です。たるみ治療は美容クリニックで行われるアンチエイジング施術ですがたるみ方やその度合によって方法が異なります。比較的程度が軽く、範囲が広くなければ有効成分を注入するだけでもかなりの効果をあげられます。代表的なのは保水力に優れたヒアルロン酸や成長因子を含むプラセンタですが、自分自身の血液から採取した血小板を注入する方法も、近年拒否反応がほぼないことから注目されています。

また特に美容皮膚科で行われるたるみ治療として代表的なものはサーマクールです。ラジオ波を照射する事で肌内部へ温熱を到達させることにより、刺激でコラーゲンを引き締めるとともに新陳代謝をうながします。同様に超音波を利用したウルセラや赤外線を利用したタイタンは、肌に直接触れることのないたるみ治療のため、安全性も高く、また自分の治癒能力を利用するので外見上違和感がなく、美肌効果も同時に得られるというメリットがあります。こうしたたるみ治療は手軽で人気もありますが永続的なものではなく、1年ほどで作用が薄れ始めます。

長期にわたる効果が必要な場合やたるみがひどい場合には肌を引っ張る方法が適しています。ロシアで開発された糸で数か所を留める施術は、比較的簡単で痛みもそれほどではありません。希望するだけたるみをとるメス切開は本格的な治療であり、入院が必要ですが最も長持ちします。池袋でリフトアップのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です