HIFUでリフトアップ
2021年3月12日

クリニックで行なうたるみ治療とは

積極的にマッサージやエクササイズなどを行なうことによって、顔のたるみを改善することももちろんできます。しかし、これらのことを行なってもなかなか改善されないような場合には、クリニックで採用されているたるみ治療を受けるかどうかにについて真剣に考慮してみることができるでしょう。基本的に、クリニックで行なわれているたるみ治療にも、幾つかの方法があります。その一つはフェイスリフトです。

もちろんフェイスリストにも、メスを使う方法と使わない方法とがあります。メスを使う治療法の場合は、耳の前後を切開し脂肪を取り除き筋膜をアップさせます。この治療法の持続時間は比較的長いというメリットがあります。もう一つの、メスを使わない治療法では、針を使って糸を埋め込み、皮膚をアップさせるという方法がとられます。

別のたるみ治療は、レーザー治療と呼ばれるものです。このレーザー治療にもいろいろな種類があります。例えば、顔全体に光を照射することによって、ハリやツヤを取り戻そうというもので、一般にはフォトフェイシャルと呼ばれています。他にも、高周波のエネルギーを照射してコラーゲンの生成を促すものや、真皮層に近赤外線を照射することによってコラーゲンの収縮を促し、毛穴を引き締めようというものなどがあります。

またたるみ治療のもう一つの方法は注射治療と呼ばれるものです。一般には、ヒアルロン酸やプラセンタ、またボツリヌス菌の注入が行なわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です