子供用GPSを使用する具体的な理由とは

子供用のGPSには様々なタイプがあるので、年齢に応じて必要な機能を備えたものを選ぶことが大切です。GPSとはGlobalPositioningSystemを省略したもので、日本語では全地球即位網と呼ばれています。一般的に現在地を把握するための装置と思われていますが、アメリカが地球上の対象物の位置を特定するために打ち上げた衛星のことです。20200kmの上空では、予備機を含めて30機の衛星が軌道上を周回しています。

このシステムでは、対象物となる受信機が複数の衛星から送られた電波を受信するまでにかかった時間から距離を測定します。最近ではカーナビゲーションやスマートフォンにも、位置情報を特定する機能が搭載されています。スマートフォンにアプリをインストールしておけば、迷子になったときでもすぐに見つけることができます。アプリには目的地を設定する機能もあり、到着したタイミングで通知を表示することも可能です。

幼い子供の行動は予測が難しく、ショッピングモールやレジャー施設などでははぐれてしまうことがあります。登下校時や学校から帰宅後に遊びに行く15時から18時までの時間帯は、子供を狙った犯罪や事故が起きやすい時間帯です。迷子になったり事件や事故に巻き込まれるのを防ぐためにGPSが役立っています。警備会社の中には子供用のGPS端末を提供しているものがあり、位置情報の確認だけでなく警備会社への通報なども可能です。

何らかのトラブルに遭遇しても警備会社にすぐ通報できるので、被害に遭うのを未然に防ぐことができます。キーホルダー型や腕時計型など携帯しやすい子供用GPSもあり、外出や留守番の際に持たせれば安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です