子供にGPSを持たせて防犯対策をすると安心です

小さな子供がいると少し目を離した瞬間にどこにいるのか分からなくなったり、帰宅するはずの時間に帰ってこないため不安に感じることがあります。交通事故や子供を対象とした犯罪などが起きる可能性があるので、両親が心配するのは当然です。子供がいる場所を把握して安全を確保するには、GPSを活用するとよいでしょう。GPSとはGlobalPositioningSystemを略したものであり、日本語では全地球即位網と呼ばれています。

アメリカが地球上の対象物がある場所を特定するために打ち上げた衛星で、上空20200kmの軌道上には予備機を含める30機が周回しています。測定対象である受信機は、複数の衛星から送られる電波を受け取るまでにかかって時間から距離を計算します。一般的に衛星からの距離を計算し、対象物の位置を確認する機能がGPSと呼ばれています。最近では一般的なスマートフォンや、自動車のカーナビゲーションシステムなどにもこの機能が導入されるようになりました。

知らない土地を移動する場合や、訪れたことのない目的地を目指す場合などに役立つシステムです。目的地への移動をサポートするのが主な機能ですが、防犯目的で子供に持たせるケースも増えています。このシステムを利用すると迷子になっても簡単に居場所を見つけることができます。小さい子の行動は予測が困難で、レジャー施設やショッピングモールなどでははぐれてしまうことがあります。

このシステムを使えば迷子を見つけるために広い施設内を歩き回る必要はありません。いつも遊ぶ場所ではなく遠いところや行きそうにないところにいる場合にも、異変に素早く気付いて素早く対処できます。子供のGPSのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です