子供用GPSの種類と選び方

子供用GPSには実に様々な種類がありますが、手っ取り早いのはスマートフォンに専用アプリを入れる方法です。元々使用していたスマートフォンを使うので、新たに機器を導入する必要がありませんし、すぐに利用し始めることができます。まだ機種の選定をしておらず急いで用意しなければならない時には、短期間の間だけでもスマートフォンの機能を利用しておくのも一つの方法です。慌てて選ぶと失敗する可能性が高くなるため、スマートフォンで代用しつつじっくりと選ぶのが得策です。

スマートフォンを使う場合、位置情報の取得をするたびに通信料がかかります。双方向から情報を発信できるのは最低条件です。子供側からSOSを発信したいことがありますし、親側も必要に応じてデータを取得したいタイミングがあります。GPSによっては一定間隔の発信をする機能が少し弱くて間があいてしまうこともあるため、頻繁に情報を取得したい時には自ら検索をかけなければならないケースもあるようです。

そうすると手間がかかりますので、できれば1分間隔に設定できるものが理想的ですし、手が空かない時でも自動的に情報を送ってもらえます。何かあったときの対処法として、警備会社が提供する子供用GPSを使うのも有効です。子供がSOSを出すためにボタンを押したら、それが警備会社に届いて専用のスタッフが対応してくれる仕組みになっています。親が急いでかけつけることができない場合でも任せられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です