子供用GPSの必要性を説明

共働きの家庭、一人っ子の家庭も増えて子供が放課後、自宅もしくは近所で遊んでいる事を心配する親も少なくありません。また小学生や中学生から塾に通うのも当たり前になってきているので、帰宅時間はかなり遅くなってきています。ですがスマホを持たせるのはネットを介して交流が広がる、ゲーム中毒となるリスクがあるので、今注目を集めているのが子供用GPSです。この製品は位置情報を保護者のスマホで確認することが出来、離れていても子供を見守ることが可能なのが特徴です。

今はネットの利用制限があるキッズ用の携帯も販売されていますが、学校によっては持ち込み不可な所も少なくないので、位置情報だけ知れる子供用GPSの方が実用的と言えるでしょう。さらにGPSは子供の居場所確認の機能のみに特化していて、低学年でも使えるようにボタンが1つだけのモノなどかなりシンプルです。あと更新頻度も1分間隔で、設定することが可能な商品も存在します。つまりほぼリアルタイムの情報を確実に把握することが出来ます。

だからGPSの方が親としては安心と言えますし、実際に利用する家庭が増えてきています。あと気になるコストですが、携帯電話回線を利用していて月額利用料は400円から800円程かかります。どの携帯電話回線を選ぶかや機種、あとは3G、4G、5G回線のモノはあるので、どれを選択するかでも料金は違ってきます。3Gでも日本国内をカバーできますが、4G、5Gになると通信速度が速くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です