子供用のGPSについて

子供用のGPSとは、主に小学生くらいの段階で使われるもので、子供に持たせることで例えば学校、遊び、塾などの習い事のために一人あるいは友達どうしでお出かけをしていても、親の持つスマートホンなどに位置情報が示される仕組み、あるいはそのサービスのことを指します。GPSは今ではスマートホンやカーナビゲーションシステムなどに広く利用されていますから、あまり説明を要しないでしょうが、人工衛星からの電波によって、現在地を非常に精度よく知ることができます。これを子供に持たせておくことによって、常に親の目が行き届かないときであっても、少なくとも今どこにいるのかは把握できるわけです。スマートホンそのものを持たせる方法もあり、実際にそうしている人やそれを考えている人もいるでしょう。

ただ、値段の問題もありますし、むしろ余計な機能はついていない方が良いと考える人もいます。学校によってはスマートホンの持ち込みを禁止しているところもあったりしますから、持たせたいと思っても難しいこともあるわけです。一方でGPS専用機器はあくまで位置情報を知らせるだけであって、万が一その場で何かのトラブルに巻き込まれていたとしても把握は困難となります。ただ、システムが自動的に位置情報を知らせる機能以外に、子供自身が能動的に位置を知らせる機能を持つものもあり、予めその機能を使う際のルールを親子間で取り決めておけば、ある程度の意思疎通には使えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です