GPSを活用して子供の安全を守るには

子供用のGPSには様々なタイプがあるので、必要な機能を備えたものを選ぶとよいでしょう。多くの機能を備えていたとしても、大型の端末は携帯しにくいため上手く活用できないことがあります。学校から帰って来た後で遊びに行くような場合には、キーホルダー型や腕時計型の端末がおすすめです。特にキーホルダー型は衣服やかばんなどに簡単に装着でき、邪魔にならないので子供がストレスを感じることはありません。

腕時計型の端末は、スタンプを使って簡単なコミュニケーションや通話を行う機能があります。持ち運びが容易で気軽に使うことができるので、遊びに行く場合などに状況確認を行いたい場合には腕時計型を活用するとよいでしょう。スマートフォンを携帯させている場合には、通信キャリアの見守りサービスや位置情報取得アプリなどが便利です。見守りサービスに加入していれば時間を指定して位置情報を取得できます。

位置情報取得アプリをスマートフォンにインストールすると、設定した目的地に到着したときに通知を表示してくれるので便利です。子供用GPSを導入する料金はサービスの内容や提供会社によって異なりますが、月額1000円程度が相場とされています。位置情報の検索回数によって料金が変わるプランや、無制限で使えるプランなどが存在します。様々なプランが存在するので、年齢に応じて必要なサービスを備えたものを選ぶとよいでしょう。

子供の安全を守るためには、GPSを導入するのと同時に知らない人には付いて行かないなど適切な指導を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です