子供用GPSの通知機能を使い分ける

子供の位置情報をスマートフォン等でチェックできるのは、GPSとしては最低限の機能です。現在どこにいるのかを知りたい時に、保護者側からデータを取得にいくと、その時点での位置を教えてくれます。この機能があれば気になった時にすぐに居場所を知ることができますので、仕事中や出先等で心配をしながら過ごす必要がありません。普段から使うのはこの基本的な機能であり、これさえあれば一般的な使い方はできます。

更に、GPSには手動通知と自動通知とがあり、これらを使いこなせれば利用の幅は広がります。手動通知とは、本体にあるボタンを子供が押すと保護者のスマートフォン等に居場所を通知する機能です。何かあった時に押すだけでなく、もうすぐ家に到着するとか、習い事が終わったという風に、知らせたいタイミングを事前に決めておくと便利な使い方ができます。手動通知は色々な利用法がありますので、事前にご家庭内でどのような通知に用いるのかをきちんと話し合っておくことが大切です。

そして、ルールとして決めておいたタイミング以外で通知が来たら、SOSだという風に認識しておくと、いざという時にも困りません。自動通知では、事前に登録しておいた場所に入ったら通知が届きます。子供が塾や習い事にきちんと行っているのか、学校から帰ったかを確かめるために居場所を取得しにいかなくても、GPSの自動通知を設定できれば待っているだけで受け取れる仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です