子供用GPSの基本機能

子供用のGPSを利用すると、スマートフォン等の携帯端末から簡単に位置情報を把握できます。基本的な機能は主に3つあり、1つは位置情報の確認です。GPSですから位置情報が分からなければ意味がありませんので、どの端末を選んでもついているものではありますが、精度には差がありますので、できるだけ精度の高いものをえらばなければなりません。精度が低いとどのようなことが起こるのかというと、タイムラグが発生してしまって受け取った時点ですでに離れた場所にいる可能性があります。

ルートを確認するだけなら良いのですが、居場所を知りたいとなると、精度面がとても重要です。行動の履歴を確認する機能もあります。子供ですから、好奇心からいつもとは違った行動を取ることがあり、それがリスクにつながる恐れもあるため、日頃からどのようなルートを通っているのかを知りたいという保護者は少なくありません。数日間程度の履歴であっても、こまめにチェックができる環境なら問題ありませんし、心配なら1か月以上のデータが蓄積されるGPSを選ぶ方法もあります。

エリア通知では、子供が頻繁に通う場所を設定します。学校や公園、塾等を設定すると、そこに到着した時にお知らせしてくれるので、きちんと目的の場所まで到達できたかが分かって安心です。また、それらの場所から出た時も知らせてくれるため、離れて過ごす子供の行動を正確に把握できます。このタイプは、特に習い事に行く時に持たせるケースが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です