賢い子供用GPSの選び方

子供用GPSを導入する場合、賢い選び方として警備会社が提供するサービスを利用する方法があります。端末の機能自体は他で提供されているものとあまり変わりませんが、大きく異なるのは子供が本体のボタンを押した時に警備会社の人が現場に向かってくれる点です。現場が自宅から離れている場合でも、警備会社なら短時間で駆けつけることができますので、保護者が行けない時でも安心です。SOSがあっても、仕事中等ですぐには駆けつけられない時、どのように対処するのかは事前に考えなければならない点ですが、その部分を警備会社のGPSなら解決できます。

多くは共働きのご家庭で導入されるため、このような要望は増えています。すぐに無くしてしまうことを考えると、時計型やキーホルダー型のように身に着けられるものもお勧めです。身に着けていると落とす心配もありませんし、いざという時にすぐにボタンを押せます。一般的な時計とは違って、GPS機能のついているものは丈夫にできていますので、子供が取り扱う場合でもそれほど慎重になる必要はありません。

キーホルダーも同じですが、機能的にはやや劣る傾向にあります。通知機能に関しては、双方向から行えた方が使い勝手が良いとされています。子供がSOSを発信するだけでなく、保護者側からも必要に応じてデータを取得できた方が便利です。どのような内容の通知なのかを詳細に知りたい時には、音声送信が役立ちますが、このタイプは学校によって持ち込みが禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です