一軒家におすすめの防犯グッズ

防犯グッズと言っても、様々な用途があります。女性の一人暮らしや車上荒らし、子供の一人歩きの危険防止もそうでしょう。この場合は、一軒家における防犯について述べてゆきます。まず、空き巣窃盗犯は「音」「光」を嫌います。

人が近づくと反応するセンサーライトや、急に吠えたてる番犬もそうです。それに準ずる防犯グッズを5つ挙げます。まずは「音砂利」です。家屋の周囲、庭や駐車場は無理ですが、それ以外の場所に撒くための砂利です。

通常の砂利と違い、人が踏みしめると石と石がぶつかり合う音が大きく、窃盗犯本人も驚きますが、室内にも聞こえますので、侵入に備えることができます。次に挙げるのが、「防犯フィルム」です。窓ガラスの内側に貼ることで、窓からの侵入を防ぐことができます。窓の破壊に5分以上かかると、かなりの確率で侵入犯は侵入を諦めるというデータがあります。

次は、続いても窓の防犯で「窓サッシ用補助錠」です。窓のサッシにセットして締めるだけで窓の開閉を出来にくくしてくれます。次におすすめするのが「防犯カメラ」です。予算的に厳しいようであれば、ダミーも抑制効果はあります。

最近のダミー防犯カメラは、赤外線の擬似も行ったり、本物のカメラ素材で作ったものもあります。泥棒が本業の窃盗犯はダミーカメラも見分けられるかもしれませんが、抑制効果はあるでしょう。最後におすすめするのは、冒頭に述べた「センサーライト」です。多くの家庭で採用されていますが、玄関先で人が通るとライトが付くものです。

帰宅してきた家族にも便利ですが、窃盗犯への警戒も含めています。以上、5つの防犯グッズを紹介しましたが、様々な商品を組み合わせて家族の安全を守りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です