ストレスチェックを独自の仕組み

by:

健康煙草離煙パイプ

ストレスチェックは法律によって会社に義務付けられた活動の1つです。健康診断と同じように会社の責任において従業員に受けさせなければならないものとして位置づけられています。健康診断の場合には職場の健康管理を行うために必要最低限の情報については本人の同意なく取得することが認められています。しかしながらストレスチェックの場合には健康診断と同じ考え方であってはいけないと言うことが明確に定められていますので注意しなければならないと言えるでしょう。

健康診断の結果と言うものは血液検査等が示しているように自分でコントロールすることができない数字です。そのため非常に客観的なものであると言うことができるでしょう。一方でストレスチェックで利用するのは全てが問診票です。そのため自分の力でコントロールすることが不可能ではありません。

そのような仕組みがある以上、本人の知らないところで情報が開示される可能性があるのであれば正しい情報を取得することが困難になるというのが基本的な考え方の中にあります。そのためストレスチェック制度では結果については本人がまず最初に確認をし、本人が同意して初めて会社への適応が許されると言う仕組みになります。この際に会社への提供を拒んだとしても不利益を被ることがあってはならないと言うことが明確に定められています。このような仕組みづくりは問診でしか得ることができないメンタルヘルスの問題に対して、的確な情報を取得するために考えられた制度であると言えるのです。

離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です