ストレスチェックを行った後の報告について

by:

健康口コミ禁煙グッズ

ストレスチェックを行った後、担当者が行わなければならないのは面談等のセッティングだけではありません。適切に実施したと言うことを労働基準監督署に届け出をしなければならないと言う大切な業務が残っています。これは健康診断を行った後処理と同じ仕組みであり、法律によって義務付けられたストレスチェックを適正に行ったと言う事を報告しなければならないのです。そのような労働基準監督署への届け出に記載するのは実施しなければならない人数に加えて、実際に実施した人数、そして医師による面談を何人に行ったのかなどの具体的な数字が求められています。

このような届け出を行わない場合ストレスチェックを実施したという確認を労働基準監督署が確認することができないため、直接調査を受ける場合があります。現在のところ罰則が存在しているわけではありませんが、法律に基づいて適正に実施するように改善を求められることになるでしょう。このような仕組みになっているため、ストレスチェックが適正に実施するようにしなければならないのです。このように実施したかどうかということを報告することによって実施状況が国に把握されることになりますので、このような手続きが最終的に必要になるといえます。

この辺は法律によって義務付けられている健康診断と同じ扱いであると言えるでしょう。このようなことを知らなかったでは済まされることのないものであると言う事について理解しておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です