中小企業におけるストレスチェック

by:

健康煙草離煙パイプ

世の中の大半を占める中小企業も、2015年末から開始したストレスチェック制度の対象となっています。そのためこれまでにメンタルヘルス対策とは縁もなかった企業であっても、何かしらの形でストレスチェックを実施する義務を大ことになるのです。これは法律によって定められた内容であるため適切に対応しなければ指導の対象となることもあり得るのです。このようなメンタルヘルス対策の義務化は、大企業はともかくとして中小企業にとっては大きな負担となっているケースが少なくありません。

実施をするためのノウハウもなければ、担当するための知識と経験を持っているスタッフもいないのが当たり前です。そのため独自に社内で体制を構築しようとすると非常に大きな負担がかかってしまうのが現実です。そのため多くの場合手軽に利用することができる外部委託を採用することになるのが基本と言えるでしょう。ストレスチェックの外部委託先にもいくつかの選択肢がありますが、かなり本格的に対応するための業者も存在していれば、必要最低限の義務を果たすためだけの活動する業者と言うものも存在しています。

会社のニーズに合わせて適切なストレスチェックの形を提供する仕組みになっていますので、その実情についてはケースバイケースであるといえます。コスト面についても安い場合には500円程度から対応すると言うのが標準的な相場になっていると言えるでしょう。中小企業の場合にはそのようなアウトソーシングが必要とされているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です