ストレスチェックをする意義

by:

健康煙草離煙パイプ

2015年から従業員が50人以上の企業は、年に1回のストレスチェックを行うことを義務付けられました。ストレスチェックの方法は、ストレスに関する質問票に働く立場の従業員・社員が記入していき、その結果を集計して分析しストレス状態を調べます。このストレスチェックの制度を行うことで、ストレスという目には見えない症状を数値やグラフに置き換えて、ひと目で分かる形にしました。ですが、問題となるのはチェックの結果は記入した本人にしか知らせられないことです。

会社側は従業員のストレス状態が把握できないために、具体的な対策や対処が行えません。「高ストレス状態」と判断されると、本人の希望があれば、医師の面接指導を受けることができます。ですが、逆にいうと「本人」が希望しなければ、医師の面接指導はありません。高ストレス状態にありながら、なんの対処も行えないまま放置されてしまいます。

本人が高ストレス状態であることを口にできないのかといえば、やはり、今後の昇進や評価にマイナスに響くと考えるからでしょう。では、本人からの申告をどうひきだすか。これは、ストレスチェックを実地する前に、従業員全員に対して周知しておくことが大切です。分析結果でいきなり医師の面接指導が必要と診断されてしまうと、ショックもおおきくなります。

ですので、事前に高ストレス状態と診断された場合、医師の面接指導があると説明しておきましょう。申し出がない場合は、会社側から受診を奨励するよう対策を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です