ストレスチェックとは

by:

健康口コミ禁煙グッズ

ストレスチェックとは、労働安全衛生法の改正によって2015年12月から開始された制度で、従業員50人以上の事業所に対して、全従業員への実施が義務付けられています。内容は、職業性ストレス簡易調査票の57項目に対して、質問内容に自分があてはまるかどうかを4段階で回答します。質問の内容は、非常にたくさんの仕事をしなければならない、自分のペースで仕事ができる、何をするのも面倒だ、上司とどれぐらい気軽に話ができるか、といったもので、紙かウェブで回答します。集計した結果高ストレス者と判定され、本人が希望した場合は産業医との面接指導を受けます。

また、事業者側も残業や休日出勤の削減などの必要な対策を講じます。今回の制度では、事業者側にストレスチェックの実施は義務付けられたものの、従業員側は回答する義務がないため、全員が受けるとは限りません。また、回答内容は事業者側には本人の同意なしには伝わりませんが、産業医の面談を受ける場合は事業者側に申し出る必要があります。つまり、ストレス耐性が低いと評価されることを恐れて、面接をあえて希望しない人が出てくることも考えられます。

ストレスチェックの制度は、あくまでも自分でストレスの度合いを客観的に認識するためのものです。ストレスを抱え込んでしまうタイプの人には、その効果が疑問の部分もあります。ストレスチェックを有効に生かせるかどうかは、事業者側の対応にも大きく左右されるともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です