なぜストレスチェック制度ができたのか

by:

健康煙草離煙パイプ

義務化された事により実施している事業所ですが、なぜしなければならないのかという目的や背景はあまり理解が進んでいません。この制度が実施されるの至った背景には被雇用者の自殺数や精神障害の労災補償の請求件数が多くなっている事がありました。仕事におけるストレスに対するアンケートは以前より実施されていましたが、例年50%以上が強い不安や悩みがある事を回答していました。これらの事からメンタルヘルスケアの重要性が叫ばれ、企業が即座に取り組むべき事であるとストレスチェック制度実施に至りました。

以前からも問題視されていた事なのですが企業側が積極的に対策に乗り出す事は少なかったのです。その為法律で義務付けたという事です。しかしこの制度は今後も改善していく必要があるものであり、ストレスチェック制度はまずは企業がメンタルヘルスの問題に取り組むきっかけになる様に施行されました。ストレスチェック制度の主な目的は、メンタルヘルス不調の未然防止です。

チェックなので把握するものと勘違いされていますが、目的は不調者を出さない様に防止する事です。不調者の把握も重要ですが、不調を起こさない職場の環境整備につなげていく事を望まれています。ストレスチェックを必ず行い、不調者には医師の面接を行います。医師から話を事業主が聞いて、適切に対応してその従業員がメンタル不調にならない様に対応する事が、ストレスチェック制度の流れとなっています。

離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です