ストレスチェックの2極化について

by:

健康口コミ禁煙グッズ

ストレスチェック制度が開始してからしばらくが立ちました。多くの会社にとって義務として位置づけられたストレスチェックは、現在では2極化が進んできていると言われています。1つはしっかりとしたストレスチェックを行おうと努力するタイプの会社ですが、もう一つは必要最低限のことだけを行いそれ以上のことをしないタイプの会社です。どちらの方法とっても法律的には問題がありませんが、会社の姿勢としてこのような2極化が進んできていると言えるのです。

このような違いが生じる1つの原因としては、ストレスチェックの実施後の対応について処理をする能力のある企業と大企業の違いであると言う部分が大きいと言えるでしょう。安全衛生委員会がリーダーシップをとり、産業医がそれをサポートすることのできる体制を構築していない場合、メンタルヘルス対策を積極的に推進していくと言うのは難しいことなのです。一般企業が答えのない問題に対して立ち向かっていくようなものであり、非常に多くの労力を必要とするものであるといえます。積極的にメンタルヘルス対策を進めていこうとする企業の多くは外部の専門家の力を借りています。

実施から事後措置まで様々な部分で専門家のサービスを利用することにより無理のない範囲で活用していくことができます。出てきた結果に対してどうすれば良いのかと言う部分について、会社をより良い方向に向けていくための道しるべを示してくれる専門家の存在はとても重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です