ストレスチェック制度で自分の気持ちを知ろう

by:

健康口コミ禁煙グッズ

24時間休まることのない日本社会で、過度に働き続けることで心を痛めて休職を余儀なくされる方もいます。現在では、過重労働の問題が世間で問い質され、働き方の是非について論議しています。ストレスチェック制度と呼ばれる簡易テストが導入されたのも近年になってからです。ストレスチェックで、自分の心の状態を探ることができます。

主に企業で実施されることの多いテストで、義務化された制度です。体調の変化、職場で受けるストレスの度合いは個人差があります。原因を究明することで企業側は生産性を損なわず、従業員の雇用を維持できます。また、残業を減らしたり、以前の従業員の働き方を見直す上で重要な機会となります。

ストレスを感じ続けると体調の変化が生じ、うつ病や精神疾患にかかりやすいリスクが高まります。長年心の病気に苦しみながら、職場で働いている方もいます。その背景には日本ではどうしても休暇制度を使用しづらい労働環境が影響しているのでしょう。その様な状況が続くと、仕事を休職するか退職せざるを得ません。

抜本的な見直しが必要です。長期的にストレスチェックを行えば、労働者の心の不調や訴えを理解し、皆で支えあえる職場環境に変えてゆけるはずです。利益追求ばかり着目しがちですが、労働者一人一人の健康状態と仕事への意欲・満足度も調べるべきです。労働力は会社の財産とも言えるので、企業側は真摯にストレスチェックの結果を踏まえて労働環境を整えてほしいと願う方は多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です